FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  スポンサー広告 >  FP過去問  >  2013年9月2級FP >  2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(45)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FP学習ネット




[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(45)

■問題45
 都市計画法における開発行為および開発許可に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.開発行為とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいう。
2.開発許可を受けた開発区域内の土地に建築物を建築する場合は、その規模等にかかわらず、建築基準法の建築確認が不要である。
3.市街化調整区域において、農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築を目的として行う開発行為は、都道府県知事等の許可が不要である。
4.市街化区域内で行う開発行為で、その規模が一定面積未満である場合は、都道府県知事等の許可が不要である。






















■解答 2
1.正
2.誤
 開発許可を受けた否かにかかわらず、一定のものは、建築基準法の建築確認が必要である。
3.正
4.正


FP学習ネット




[ 2014年03月24日 20:30 ] カテゴリ:2013年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。