FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  スポンサー広告 >  FP過去問  >  2013年9月2級FP >  2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(51)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FP学習ネット




[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(51)

■問題51
 民法における贈与に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与のことをいう。
2.定期贈与とは、贈与者が受贈者に対して定期的に給付することを目的とする贈与のことをいい、贈与者または受贈者の死亡によってその効力を失う。
3.夫婦間でした贈与契約は、第三者の権利を害しない限り、婚姻中、いつでも夫婦の一方から取り消すことができる。
4.口頭による贈与契約は、その履行前であっても、贈与者または受贈者が一方的に撤回することはできない。
 

























■解答 4
1.正
2.正
3.正
4.誤
 口頭による贈与契約は、その履行前であれば、贈与者または受贈者が一方的に撤回することができる(民法550)。


FP学習ネット




[ 2014年03月24日 20:44 ] カテゴリ:2013年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。