FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  スポンサー広告 >  FP過去問  >  2014年9月2級FP >  2014年9月2級FP技能士実技(資産設計提案業務)解答解説 問20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FP学習ネット




[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年9月2級FP技能士実技(資産設計提案業務)解答解説 問20

■問20
 沼田さんは、弁護士の松尾さんに相続の承認や放棄等について質問した。下記の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。


沼田さん:「相続人は、相続するかどうかの意思決定をいつ、どのように行う必要があるのでしょうか。」

松尾さん:「相続人は、相続の開始があったことを知った日から( ア)以内に、単純承認、限定承認、相続放棄のうちいずれかを選ぶことができます。( ア)以内に限定承認も相続放棄もしない場合は、単純承認したものとみなされます。」

沼田さん:「限定承認や相続放棄をする場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。」

松尾さん:「( イ)にその旨の申述を行います。相続放棄は各相続人が単独で申述することができますが、限定承認は相続人全員で申述しなければなりません。」

沼田さん:「相続人が相続権を失うことはあるのでしょうか。」

松尾さん:「はい。欠格や廃除によって相続権を失うことがあります。」

沼田さん:「欠格、廃除によって相続権を失った場合や相続放棄をした場合、その者の子が代襲相続するのでしょうか。」

松尾さん:「( ウ)の場合には、代襲相続できません。」

<語群>
1. 3ヵ月  2. 4ヵ月  3. 10ヵ月
4.家庭裁判所  5.地方裁判所  6.所轄税務署長
7.欠格  8.廃除  9.相続放棄









(半角数字1~9で入力選択)
(ア)(イ)(ウ)
 
     
 
     
 
     




















■解答   (ア)1. 3ヵ月  (イ)4.家庭裁判所  (ウ)9.相続放棄
沼田さん:「相続人は、相続するかどうかの意思決定をいつ、どのように行う必要があるのでしょうか。」

松尾さん:「相続人は、相続の開始があったことを知った日から(3ヵ月)以内に、単純承認、限定承認、相続放棄のうちいずれかを選ぶことができます。(3ヵ月)以内に限定承認も相続放棄もしない場合は、単純承認したものとみなされます。」

沼田さん:「限定承認や相続放棄をする場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。」

松尾さん:「(家庭裁判所)にその旨の申述を行います。相続放棄は各相続人が単独で申述することができますが、限定承認は相続人全員で申述しなければなりません。」

沼田さん:「相続人が相続権を失うことはあるのでしょうか。」

松尾さん:「はい。欠格や廃除によって相続権を失うことがあります。」

沼田さん:「欠格、廃除によって相続権を失った場合や相続放棄をした場合、その者の子が代襲相続するのでしょうか。」

松尾さん:「(相続放棄)の場合には、代襲相続できません。」


FP学習ネット




民法915条
 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

民法921条
 次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
二  相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。


民法938条
 相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

民法923条
 相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる。


民法939条
 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

★欠格、廃除によって相続権を失った場合には、その者の子が代襲相続するが、相続人が相続の放棄をした場合、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされ、代襲相続は発生しないため、放棄をした者の子が、放棄をした者に代わって相続人となることはない。
[ 2014年09月02日 07:35 ] カテゴリ:2014年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。