FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  スポンサー広告 >  FP過去問  >  2015年1月2級FP >  2015年1月2級FP技能士実技(資産設計提案業務) 解答解説 問9 ■問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FP学習ネット




[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年1月2級FP技能士実技(資産設計提案業務) 解答解説 問9 ■問題

■問題
問9
下記<資料>に基づき、土地(居住用ではない)を譲渡した場合の譲渡所得に係る所得税および住民税の合計額を計算しなさい。なお、この譲渡は国や地方公共団体等へのものではなく、収用交換によるものでもない。また、<資料>に記載のない条件や復興特別所得税は考慮しないものとし、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

<資料>
・取得の日:平成21年(2009年)10月6日
・譲渡の日:平成26年(2014年)11月26日
・課税譲渡所得金額:1,200万円

[土地建物等の譲渡所得に係る税率]

 所得税  住民税 
 課税長期譲渡所得 15%5%
 課税短期譲渡所得 30%9%






(半角数字文字入力で選択)

 
     























■解答    【国税庁 譲渡所得】
 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下であるため、短期譲渡所得となる。
 したがって、譲渡所得に係る所得税および住民税の合計額は、
  課税譲渡所得金額1,200万円*(所得税30%+住民税9%)=468万円


FP学習ネット




[ 2015年01月28日 08:05 ] カテゴリ:2015年1月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。