FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  スポンサー広告 >  FP過去問  >  2012年9月1級FP 実技 >  1級FP  実技 2012年9月 問7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FP学習ネット




[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1級FP  実技 2012年9月 問7

1級FP  実技 2012年9月 【第1問】 <設例>
■問題
問7
 宏明さんの父の一郎さんは、先日、取引先の金融機関が主催する相続対策セミナーで遺言に関する話を聞き、下記の自筆証書遺言を作成した。この遺言書に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。


      遺言書
遺言者 東一郎は、次のとおり遺言する。
一.私名義の次の物件を○○○○に相続させる。
     1.東京都目黒区中目黒三丁目××番△
     宅地 ×××平方メートル
     2.同所同番地所在
     家屋番号××番△ 木造瓦葺き二階建居宅
     床面積 △△△平方メートル
                銀座
二.私名義のMA銀行(a) 日本橋支店に有する預金すべてを□□□□に相続させる。
三.私が所有しているMB株式会社の株式を◇◇◇◇に相続させる。
四.以上に定める財産以外のすべての財産を△△△△に相続させる。
五.この遺言書の執行者として、東京千代田区○町×丁目△番(b)弁護士****を指定する。
六.遺言執行者****に対して、本遺言執行のための預貯金等の名義変更、解約および換金等一切の処分を行う権限を付与する。
     (c)平成二十四年八月十日
                                   東京都目黒区中目黒三丁目××番△号
                                       遺言者 東 一郎 (d)
付記
     本遺言書の二.にある「日本橋」を「銀座」と訂正する。
                                                       東 一郎


(ア)下線部(a)について、加除訂正を指示し、これを変更した旨を付記して署名すれば、変更した箇所に押印しなくても、その加除訂正は有効である。
(イ)下線部(b)について、遺言執行者として個人でなく法人を指定しても、その指定は有効である。
(ウ)下線部(c)について、日付が年月だけのものや日付を特定できないものは、遺言書自体が無効となる。
(エ)下線部(d)について、押印するときは必ず実印でなければならず、認印や拇印では遺言書自体が無効となる。






(ア)(イ)(ウ)(エ)




















■解答
(ア)×
 加除訂正を指示し、これを変更した旨を付記して署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない(民法968条2項)。

(イ)○
 未成年者及び破産者でないため、遺言執行者として個人でなく法人を指定しても、その指定は有効である(民法1009条)。遺言執行者とは,遺言の内容を実現する者のこと。

(ウ)○
 日付は、自筆証書遺言の要件となっており、日付が年月だけのものや日付を特定できないものは、遺言書自体が無効となる(民法968条1項)。

(エ)×
 押印は、自筆証書遺言の要件となっているが、押印は、実印でなくとも認印や拇印をもって足りるため、遺言書自体が無効とならない(民法968条1項)。


FP学習ネット




[ 2014年10月23日 08:02 ] カテゴリ:2012年9月1級FP 実技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。